歴史と変遷と今後

読書

これまでの歴史や変遷

簿記は帳簿記入の略で日々の経営活動を記録をして財政状況や経営成績をわかりやすくするものです。その中で、簿記2級は商業簿記と工業簿記の基本を理解しており、周りからも経理業務が出来ると評価されます。 その簿記2級を独学で学ぶ場合ですが、これまでどのようにして学ばれてきたのでしょうか。 簿記2級は3級に比べて専門用語も多くなり範囲もかなり広がります。そのため、独学での学習者はそれほど多くなく独学用の教材も過去問題集を中心に数冊でした。 しかし、最近では多くの出版社から簿記2級の独学用のテキストや問題集などが出版されています。また、試験に備えた予想模試問題などもあります。さらに、インターネットなどでも簿記2級の独学での学習方法などが数多く記載されています。 簿記2級を独りで学ぶ場合にも、情報や教材が充実してきたのです。

今後の動向についての予測

簿記2級を独学で勉強するための学習環境は以前よりよいものになっています。勉強方法の情報もインターネットで数多く見つけることが出来ますし、簿記2級用の教材も充実してきています。もちろん、専門学校に通ったり通信講座を受講したりする方法もありますが、独学での学習環境は今後より広がっていくと予測されます。 まずはインターネットの普及により動画投稿サイトなどで簿記の授業を見ることができます。動画の種類や数もどんどん増えているので今後ますます自分に合ったものが見つけやすくなると考えられます。 また、教材の種類も増えてきています。内容を説明するテキストや問題集の他に、学習に入りやすいように漫画を使った教材であったり、小説のように物語を読むことで基本が理解できるというものもあります。 今後も様々な独学の方法や教材が出てくると予測されます。