学習のポイント

友人

簿記2級学習において注意すべき点

簿記はビジネスパーソンの必須資格となりました。簿記と言えば、企業の経理担当者が取得しているイメージでしたが現在では異なります。営業部に所属していたとしても簿記2級を取得することが求められる時代なのです。それはつまり、社会人たるものは財務諸表を読めたり、お金の流れをつかめることが奨励されているのです。簿記2級を取得していればそのような基本的な力が身につくことになります。では、簿記2級を取得するうえにおいて注意すべき点はないのでしょうか。それは漠然と勉強をしないということです。簿記2級の試験は年に複数回実施されます。ですからいつかは受かると考えてダラダラと勉強しがちです。そうではなく、直近の試験で必ず受かると言う意気込みで学習してください。

簿記学習のコツについて

簿記を学習する多くの人たちは独学で行っています。簿記1級ですと独学の取得は難しくなりますが2級であれば十分に独学で合格することができます。簿記学習にはコツがあるので今回はそのコツを取り上げます。まず、わからない問題があってもそこで立ち止まらないということです。独学者の悩みは、質問をすることができないという点にあります。質問をすることができないので、わからない問題に対してわかるまで考え続けてしまうことがあります。そうではなく、まず最初は基本的なテキストをざっくりと最後まで仕上げるようにしてください。それを何回も繰替えしているうちに最初にわからなかった箇所もわかるようになります。わからないところで止まってしまわないことがコツです。