• 歴史と変遷と今後

    読書

    簿記には歴史があります。これまでの実績があり、その傾向と対策と改良を重ねてきました。今後も時代にマッチした問題が出題され、それにマッチした参考書が発売されるなど、ニーズに合わせた学習法が必要になります。

    Read more
  • 試験内容と傾向

    鉛筆

    簿記の試験は年代によって傾向が変わります。そのため、傾向を見抜き対策する必要があります。簿記を独学で学習するなら、基礎基本から固めて勉強する必要があります。3級の基礎からステップアップした方が確実です。

    Read more
  • 注目の記事

    学習方法の違い

    歴史と変遷と今後

    試験内容と傾向

    学習のポイント

学習方法の違い

パソコン

簿記は資格の中でも人気の資格です。特に2級は就職にも効果的な資格のため取得を目指すひとが増えています。学習方法はいろいろあるので、自分のやり方で学習することが習得への道標となります。

Read more

自分のやりたいように

勉強

多くの添削実績を持っているので安心です。志望理由書は添削が必要なので、提出をする前に見てもらいませんか。

自分のやりたい事が決まっているなら、その夢に向かってひたむきに走り続けるだけです。自分の夢がいつきまるか分かりません。進学の時に悩んだ結果導きだすかもしれませんし、日常の経験をしている時にふとやりがいを感じてそれが夢になるかもしれません。そのやりたいことが専門的な知識やスキル、資格が必要であるならば、専門学校に通うことが向いています。大学は、勉強を中心に知識がつきますが、現場を経験することがあまりありません。その点、専門学校は実習や研修も多く、体験しながらスキルを習得することができます。そのため、専門学校を卒業後は就職に有利で、就職後も即戦力な人材として将来を有望視されます。専門学校に通うには種類がいくつかあり、昼の部、夜の部、通信制などがあり、目的にあった進学をすることで断然有利にことをすすめることが可能となります。それぞれにメリットがあるので、自分のやりたいことと照らしあわせて確認しましょう。

専門学校を通信制で通うメリットとして、自宅いながら学習できるという点です。昼も夜もどちらにせよ学校に通い決められた時間に講義を受ける必要があります。ですが、通信制の場合時間に縛りがなく自由なスタイルで学習することができるのが魅力的です。自主トレーニングや、イメージトレーニング、バイトなど、学習時間以外をスキルの取得に当てることができます。また、自分のペースで勉強をすることができるので、焦らず着実にステップアップが可能です。レポートやスクーリングをすることで単位を獲得することができるので、必要な資格を取得することもできます。通学の日程や、勉強のスタイルも自由にカスタマイズすることができるので、お好みのやり方でマスターしましょう。